トップ > ニュース > 【皇室】天皇陛下、新嘗祭などに使う種もみを皇居でまかれ遊ばされる
ノアコイン(NOAHCOIN)とは?
夢の暗号通貨シティ NOAHシティ


【皇室】天皇陛下、新嘗祭などに使う種もみを皇居でまかれ遊ばされる

2017年04月15日(土) ニュース

b406
1: アルゼンチンバックブリーカー(愛媛県) 2017/04/14(金) 18:40:19.84 ID:fgohqVGj0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
天皇陛下は、14日、皇居の中にある苗代に稲の種もみをまかれました。
これは、毎年春、その年の豊作を願って行われている行事で、
天皇陛下は、14日午後、ジャンパー姿で皇居の中にある苗代に入られました。
そして、去年の秋に皇居で収穫されたうるち米の「ニホンマサリ」と
もち米の「マンゲツモチ」の2種類の種もみをまかれました。

14日は快晴で穏やかな天気となり、
天皇陛下は苗代にしゃがんで縄で仕切られた30センチ四方の区画ごとに
それぞれ180粒ほどを丁寧にまかれていました。

きょうまかれた種もみの苗を使って来月には田植えが行われ、
秋に収穫されるコメは11月に皇居で行われる
新嘗祭(にいなめさい)などで使われることになっています。

全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170414/k10010948701000.html
続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。